相模原市緑区藤野地区から発信!

人口 8千人の藤野地区( 旧津久井郡藤野町 )では、地場産業の減少に伴う人口の流出・加速化する高齢化社会に伴い、1人暮らしで引きこもりの高齢者増加や医療費の増加・地域社会との関わりを持つ社会参加の場の低減・そして荒廃した森林面積の増大による、自然現象( 台風・豪雨・豪雪 )に伴う深刻な自然災害の増加が起きている。この状況を改善しない限り、町としての未来は閉ざされていく可能性がある。

しかし、藤野地区は 5,000 ha 以上の森林面積を有し、神奈川県民 920万人及び 20万企業を支える巨大な水源地( 水瓶 )の1つでもある。

そして、藤野地区は交通面でも恵まれており、JR・高速道路・国道20号線( 甲州街道 )・県道市道と言った多種多様なアクセス経路が充実している。都市部からのアクセスが容易に出来る場所にある。

古来より、人間は森林と寄り添い森林からの恩恵を受けながら生きてきた。この藤野地区も炭の生産地として栄え、多くの生産物は陣馬街道を通り八王子市恩方方面に運ばれていった。この循環により、森林は若返りを続け我々に木材生産以外の様々な恩恵も与えてくれた。また、絶えず人間が山林に立ち入る事で、野生の獣も人間の領域には立ち入る事なくバランスが保たれていた。しかし、近年の放置林の増加により、山林は荒れ果て獣も人間の領域に立ち入る様になり、様々な問題が表面化し始めている。

本来、森林には木材の生産以外にも様々な機能を持ち合わせている筈です。例えば、思い出してみてください。子供の頃の遊び場だったのは、森林だった事を。まだ道路が整備されていない頃は、山の中に張り巡らされていた道を使って、近道していた事を。春には山菜、秋にはキノコ等が食卓にのぼっていた事を。等々

そう!森林が従来から持ち合わせていた多面的機能を、一体的な集約化森林整備施業を実施しつつ十全に復活且つ発揮させて、地域全体が元気になり、明るい未来を築ける様な取り組みを、今、ここで立ち上げなければならない。

そこで、我々「 さがみ育林プロジェクト 」では、森林整備を核としたネットワークの構築を考案し実施します。単なる森林整備では、終わらない森林の物語を始めていきましょう!